2010年03月08日

アカデミー賞に隠し撮りのドキュメンタリー映画

今日の昼間、ハリウッドでアカデミー賞の発表がありました。
『アバター』のビジュアル的な部分が評価されて納得です。
『ハート・ロッカー』は、近々、是非、観に行きたいです。

ちょっと驚いたのが、隠し撮りのドキュメンタリー映画の受賞。
まあ、作品を観ずに批評することはできませんが、
日本で5月に公開されるのを心待ちにしたいと思います。

ドキュメンタリーは、作品そのもの良し悪しはともかく、
撮影対象があっての話なので、その撮影の過程で、
問題が起きることが多々あります。

『靖国』で登場する刀鍛冶ように、目的を偽った撮影や、
『ザ・コーヴ』のように、隠し撮りや強引な撮影などは、
当事者の意に反することであり、人権上も問題があると思います。
映像の暴力がまかり通ることがないように願いたいですが。
posted by 山さん at 20:57| 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。