2010年07月09日

雨の中、期日前投票に行ってきました / 世田谷署の警官に携帯電話で取り締まられた

今日の夕方、雨の中、家族三人で、期日前投票に行ってきました。
近年の選挙では、僕らはほとんど期日前投票です。気が楽だし。
選挙当日に投票したのは、自分が出た選挙くらいのものです。
自分で自分の名前を書いて投票するのは、妙な気分です。
また、そんな日も来るのかな。それとも、
僕が、悠くんの名前を書く日が来るのかな。

投票所の宮前区役所向丘出張所に着くと、悠くん
自分でちゃんと歩いて、お母さんの付き添いです。
投票用紙に名前を書いて、投票箱に入れる様子を、じっと見ていました。

最近、「選挙」という言葉をしきりに復唱しますが、
お父さんの出ている映画のことと勘違いしていそうで心配です。
投票所に行って、候補者を選ぶ行為のことなんですよ。
決して、たすきをかけたスーツ姿でラジオ体操したり、
みこしを担いだりすることでは、ないですからね。

今日の昼間、久々に不運な出来事。246を「改革号」で走行中、
かかってきた携帯電話に出たところ、世田谷署の警官に
取り締まられました。渋滞中で、ほぼ停車かノロノロ運転の僕の前に、
自転車の警官がいきなり現れて、何やらうるさく言ってきました。

また、「ノルマの仕事かよぉ、税金の無駄遣い!」と思いました。
結局、1点6000円の違反ということで、高額な通話料となりました。
この警官に恨みはないですが、日頃思っている、警察への不満を、
1点6000円分、まとめて大声でぶつけて、僕は去りました。

僕の話を聞かず、職業欄に勝手に「会社員」なんて書くもんだから、
「勝手に会社員にするなよ、主夫!」と訂正させました。
まあ、期間限定ですが、「ドキュメンタリー俳優」でも良かったかな。
ノルマを毎日機械作業でやっているから、「男性=会社員」と思ったのでしょう。

 @警察が信頼を無くす→
 A凶悪事件の検挙率が下がる→
 B交通違反のノルマを増やす→
 また@に戻る

そんな悪循環が繰り返されれば、一般市民、警察の両者に
とって不幸なことです。交通違反で飲酒運転や暴走運転など、
危険な行為は、もちろん厳罰で望むべきでしょうが、
注意で済むようなことまで、いちいち取り締まってて、
交通安全に繋がるのか甚だ疑問。ノルマ主義で収益上げる仕組みで
ある以上は、こういう取締りで市民との軋轢は減らないでしょう。
警察改革を唱える政党はないのだろうか。僕がやらなきゃダメか。

「どうせ、ノルマでやってるんでしょ。」と言うと、
「そんなことはない!」とすべての警官が否定するけどねぇ。
嘘つきは泥棒と警察の始まりだなんて、こどもに教えたくないなぁ。
いっそのこと、警察を徹底的に市民の憎まれ役にすることで、
24時間365日、ものすごく些細な交通違反もつぶさに取り締まれば、
消費税5%分くらい、わけなく簡単に徴収することできるでしょう。

明日は、シカゴから帰ってきたおじさん一家に会いに、
長野県の鹿教湯温泉に行ってきま〜す。
悠くんの体重13.4kg。
posted by 山さん at 23:48| 神奈川 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。