2010年02月04日

『サヨナライツカ』の美しい描写 / 朝青龍の第二の人生は政治家でしょう

今朝は、マンションの通路に、豆を発見しました。
他の家でも、昨夜、豆まきやったんですね。

今日、朝一番の『サヨナライツカ』を観てきました。
辻仁成さんの恋愛小説で、彼の奥さんみぽりん12年ぶりの映画。
天真爛漫な女性との恋愛は、ドラマになるのでしょう。
映画の美しい描写が印象的でした。僕以外の観客は、すべて女性でした。
うちの奥さんの好みの映画ではなさそうなので、彼女にはそう伝えました。

今日の午後、朝青龍の引退表明にびっくりしました。
記録を気にしていた本人は引退したくないことでしょうが、
いろんな圧力がかかって、引退せざるを得なくなったんでしょう。
組織のしがらみへの配慮、何となく分かる気がします。
まだ29歳、天真爛漫な彼の第二の人生は、モンゴル国で政治家でしょう。
モンゴル出身の先輩力士旭鷲山は、36歳の青年実業家でありながら、
故郷の国会議員をやっています。ドルジさんは大統領になるかも。

悠くんも天真爛漫に生きて欲しいな。悠くんの体重12.8kg。
posted by 山さん at 23:39| 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。