2010年02月28日

奥尻島津波以来の大津波警報 / 亀清旅館の3人のこどもたち / 関越道の渋滞回避で北関東道経由東北道で帰宅

今日は、昨日発生したチリ大地震による津波が日本に押し寄せてきました。
奥尻島津波以来という「大津波警報」が三陸地方には出てました。
奥尻と、日本海中部地震の津波被害が、その怖さを思い起こさせます。
第一波は小さいものでしたが、その後、続々、大きな津波が続きました。
僕らは、その時、まだ長野県だったので、映画『2012』クラスの
大津波でも来なければ、津波に飲み込まれる場所ではなかったです。
ハイチに続いて、チリでも、日本の素早い援助を期待したいです。

今朝、タイラーさんが掘ったという、露天風呂に入ってきました。
彼のこだわりで、「百年風呂」と命名されていますが、
100年前に温泉を掘ってきた先人への敬意が込められているそうです。
ミゾレ交じりの雪も降ってきて寒いですが、お湯に浸かるといい気分。
チェックアウトの時、ロビーで亀清旅館3人のこどもたちと遭遇。
7歳と5歳の男の子と、2歳の女の子で、みんな無邪気で可愛いです。
特に、2歳の女の子は、悠くんと同い年なので、気になってたようです。
彼女の乗っていたおもちゃのクルマを、悠くん、貸してもらいました。

帰りは、関越道の少し手前、藤岡PAのあたりから、渋滞です。
千円高速とスキー帰りのクルマが多いのが原因なんでしょう。
嵐山小川まで25キロ渋滞で100分もかかると表示されていたので、
その渋滞回避のために、ちょっと遠回りですが、藤岡JCTを北上して、
北関東自動車道を経由して、122号線に降り、東北道で帰宅しました。
北関東道も、早く足利のあたりが開通して、東北道と直結して欲しいです。

この2日間で、悠くん、察しが良くなったように感じました。
今回は、初めて、おばあちゃんを前にして、
「おばあちゃん、ありがとう!」もちゃんと言えました。
悠くんの成長ぶりに、おばあちゃんも、ちょっと感動です。
また、みんなで信州の温泉に行きたいね。今日はお疲れさま!
posted by 山さん at 23:08| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。