2010年03月13日

横須賀線武蔵小杉駅開業の記念式典 / 夜のお散歩で森林公園経由して文教堂でトミカの絵本 / 地震のビビッてお父さんとお母さんの間に悠くん移動 / パリで受賞の北野武監督の凱旋帰国

今日のダイヤ改正で、横須賀線武蔵小杉駅が開業しました。
特に行く予定ではなかったんですが、知人に頼まれていた
開業記念のフレーム切手が、地元郵便局で2シート足りないため、
現地の臨時出張所で限定販売されるものを買いに行くことになりました。

新しく出来た、武蔵小杉駅の横須賀線口の駅前広場では、
記念式典の準備がされていて、記念グッズや食べ物の模擬店も出てました。
でも、午前10時に始まる記念式典が終わるまでは、販売ができないので、
仕方なく時間つぶしのため、僕も現場を探索していました。
この新駅は南武線の武蔵小杉駅とかなり離れていて、ちょっと不便。
でも、成田エクスプレスも止まり、東京駅、新宿駅、横浜駅など、
いずれも駅数が少ない路線なので、17分程度で結ぶらしく、便利です。
今度、成田空港に行く時には、利用してみようと思います。

記念式典が始まると、その様子をずっと見ていました。
地元選出の国会議員、県議会議員、市議会議員など、
花のリボンをつけた来賓で来ていて、ズラッと並んでいました。
他の来賓はともかく、何十人といる議員全員をいちいち紹介するのは、
時間ばかりかかってまだるっこしく思いましたがが、まあ仕方ないのかな。

議員は知っている人ばかりなので、式典前に何人かとはお会いして、
ご挨拶をしました。映画『選挙』にも登場するベテラン秘書のMさんとも、
4年ぶりくらいでお会いしました。彼は来春、再チャレンジのようです。
川崎市議は中原区選出の方が地元になるので、
それ以外の区の選出の方は、結構、欠席されてました。
フレーム切手は、1人1シート限定でしたが、何とか2シート買えました。

午後から、疲れていた僕らは、ずっとお昼寝していたのですが、
天気が良くて、エネルギーが有り余っている悠くんは、
しきりに散歩に行きたいとおねだりします。
結局、夜7時くらいに暗くなってからのお散歩で、
いつも行く森林公園の駐車場を経由して文教堂まで歩いていきました。
大人の足なら5分くらいですが、悠くんの歩幅なので15分くらいかな。
書店ではトミカの絵本を買いました。悠くん自慢のゴミ収集車も載ってます。

まだ寝たくない悠くんですが、夜9時過ぎに布団の端っこにいましたが、
地震のビビッてお父さんとお母さんの間に移動してきました。
どうも東北の方で震度4のがあったようですが、うちでは震度1くらいかな。

今日は、パリで受賞の北野武監督が凱旋帰国しました。
ちょうど見ていたTBSのニュースキャスターに出ていました。
フランスでは、北野武さんのような方は、特にウケがいいようです。
また、世界にインパクトのある作品を作ってください。
posted by 山さん at 23:43| ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。