2010年04月20日

あのメロディが頭の中を駆け巡る / スペースシャトル無事帰還に悠くんも反応 / イングリッシュ・アートの時間にぶっ飛びアートの悠くん画伯 / 自分の名前のひらがなを指し示した!

今日は、岡本真夜さんの「そのままの君でいて」、いや、
上海万博PRソングのあのメロディが、ずっと頭を駆け巡りました。
どのテレビも、あれだけ繰り返されたら、さすがに耳に残りますね。
テレビ報道だけでも、ものすごい広告効果があります。
上海万博が5月から始まると日本国民に注目してもらえましたからね。
この騒動が意図的にやられていたら、すごいことですが、
さすがにそこまで計算された陰謀はないか。いや、ひょっとすると・・・。

今夜、山崎直子さんを乗せたスペースシャトルが、1日遅れで無事帰還。
報道ステーションの中で着陸の様子が生中継されていましたが、
スペースシャトルの映像に気付いた悠くん、すぐさま、
自分のスペースシャトルを握りしめて、居間にすっ飛んできました。
「悠くん持ってる」としきりに繰り返してくれます。
シャトルの実物の映像が見られて、とっても嬉しいのでしょう。
もう少し、宇宙飛行士の活躍にも興味を持ってくれると嬉しいな。

今日、保育園では、イングリッシュ・アートの時間がありました。
英語の先生がやってきて、子どもたちに絵を描いてもらったそうです。
まず、丸いシールを使ってヒヨコを作り、その周りに絵を描きます。
ところが、ヒヨコの翼用に用意されていた小さな丸いシールを、悠くんは、
サングラスのようなヒヨコの目にして、想定外の使い方をしたらしい。
そして、ヒヨコの周りは、丸で囲んで、さらに取っ手をつけて、ついに、
フライパンにしてしまいました。先生が「これは何?」と聞くと、
「ハンバーグじゅうじゅう」と言ったので、それが表題となりました。

えっ、ヒヨコのハンバーグ!? 他のお友だちは、ヒヨコの周りに
野原を描いていたのに・・・。ぶっ飛びアートを描いた悠くん画伯に、
英語の先生も苦笑したそうで、オーマイガットだったようです。
岡本太郎画伯のようなストレートな絵が描けるのは、今のうちかなぁ。

夜、悠くん、お母さんとお風呂に入った時に、お母さんが感動です。
何と、自分の名前のひらがなを、一つずつ、指し示したそうです。
僕もお風呂に駆けつけたら、もう一度やってくれました。
ゆっくり、「ゆ・う・き」と3文字を順に棒で指していきました。
お父さんが毎日、五十音を一緒にレッスンした成果かなぁ。嬉しい!

今日は、朝炊いたご飯の残りをすぐに冷凍にしたので、
晩御飯も悠くんはおいしそうにちゃんと食べてくれました。
おかげで、体重13.4kgに復活。明日も美味しいご飯ですよ!
posted by 山さん at 22:51| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。